霊園を選ぶ際は行きやすさも重視して決めよう

墓参り

公営と民営があるのが特徴

お墓のなかでも霊園はビジネスとして民間企業や市町村が経営しているものです。一方で寺院墓地は檀家の方々が寄付して成り立っています。現在の埼玉では霊園の整備が進んでおり、首都圏にお住まい方でも埼玉の霊園を利用する事例が増えています。また公営タイプと民営タイプを区別して選ぶといいでしょう。

墓地

首都圏郊外の墓地

埼玉の霊園は関東エリアの中では安価に購入できることから人気があります。埼玉は大型の霊園が多いので広い敷地を生かして管理事務所や休憩所などの各施設や駐車場も完備しています。また、埼玉にはペットを埋葬できる霊園もあり人気があります。

都会から近い緑溢れる場所

墓地

安らかに眠れるところ

日本の首都でもある東京といえば、コンクリートジャングルで高層ビルが所せましと立ち並び、最先端の技術や情報が流れ、忙しいエリアでもあります。けれども同じ東京都でも、多摩の場合は違います。多摩にはまだまだ自然がたくさんあり、緑あふれる美しい環境が残されています。それゆえにレジャーなどの観光でも人気スポットとなっていますが、霊園としても人気のあるエリアでもあります。なぜなら風光明媚な綺麗な景色なら、大切な人が安心して眠れますし、残された人々もお参りに来て気持ちが良いためです。多摩ならば自然の美しさや空気の美味しさを感じられますし、それでいて高層ビルなどもないので日当たりもよく、墓地によくありがちなじめじめした雰囲気もありません。しかも交通のアクセスも東京なので良いという、まさに優れた霊園に最適な条件がそろっています。もちろんそういった交通の利便性や景色の美しさだけでなく、霊園の設備やサービスなども確認する必要があります。また、宗教や宗派に制限はあるのかといったことも、当然調べてから選ぶ必要があります。とくに最近は高齢化社会になっていることから、高齢者でもお参りしやすい設備が整っているかどうかは重要です。バリアフリーや送迎バスなどがある霊園は、注目度が高くて人気を集める傾向にあります。そしてこういった設備などはネットやパンフレットで確認できますが、やはり風景や雰囲気といったものは、実際に見学に赴くことで実感できます。多摩で霊園を選ぶ際には、自分の足で実際に行ってみるようにしましょう。