霊園を選ぶ際は行きやすさも重視して決めよう

公営と民営があるのが特徴

墓参り

都心に近い場所に続々と

お墓には大きく分けて霊園と寺院墓地の2種類があり、それぞれ特徴に違いがあります。寺院墓地は、境内の中にお寺の本堂があり住職が常駐しているケースが多く、墓地利用には檀家となり自分たちで寄附などを通じて、お寺を支えていく仕組みです。霊園のほうは、民間企業や市町村などの地方自治体が経営元となり、ビジネスとしてお墓を運営するタイプを一般的には霊園と呼びます。現在では、寺院墓地より霊園を好まれる傾向があり、その理由として料金面で明朗会計な事、様々な様式のお墓を備えているなどが評価されているポイントです。寺院墓地では、葬儀や納骨などの際にお寺側に支払うお布施の額がハッキリと示されていない事などが、敬遠される理由のひとつとなっています。また、現代社会では新しくお寺を建立する事はほとんどありませんが、霊園はお墓需要の高まりから続々と新規霊園を建設中です。首都圏では、埼玉県で新規の霊園が続々と整備されており、都心部に近い埼玉県南部地域や秩父地方などに多く作られています。この事から、埼玉県在住の方のみならず、東京在住の利用者も増加しております。利用したい霊園を探すには注意点があり、市などが運営する公営タイプと企業が運営する民営タイプでは、使用条件が異なる場合があります。公営タイプでは主に、立地する市町村に在住する方のみを使用対象にしているケースが多く、その場合は埼玉県の霊園を東京在住の方は使用できません。もし、他県の霊園を希望する場合は、民営で探されると良いでしょう。